読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

房総🌠磯投げ🌠夢釣行(仮)

シロギス開幕まではアジですね

#8 2017/3/13 南房へ 久々釣行

色々あって約1か月空いてしまった、館山周辺へアジ釣りに。先月までは良かったが、下降気味で、今は全然釣れてないとのこと。

この3月、4月は、房総も端境期に入ることが多いと見ている、過去にシロギスもほとんど釣っていない(今年はポツポツ釣れてるみたい)、クロダイだけは春のノッコミで大型が釣れるようだが、まぁ難しい時期に変わりはない。何をやっても釣れない、生命反応すら感じられない悪条件、食いが止まったと聞いて「あー、ついに端境期が来たか」と 思った。それでも、悪いものがたくさん溜まってきたので、出撃するしかない。

いつもどうりの日中狙いの超スロースタート、11時に北条海岸のくるまやで昼食を取る、外に出ると雨足が強まってきた、11時半に釣り場に到着、車はほどんどなし。雨が小止みになるのを待って釣り場へ向かう、案の定釣り人は1人だけ。前々回荒食いした場所は貸し切り状態、とりあえず竿を出してみるが、反応なし。15分で見切り、前回の深場へ移動、濁っていて釣れそうだが、生命反応が全くない、時折強まる雨に、やる気もダウン、移動するしかない、この時時刻はすでに1時半。

以前、好釣果を上げたmyポイントに賭けてみることに。環境的にあまり好みでないのと、水深がないので、水温の下がるこの時期はないだろうと脚が遠のいていた。

2時半からスタート、ウキは付けない、関東式上カゴのトリックによる足元狙い。3投目くらいだったか、置き竿にしていると、突如穂先が暴れ出す、上げてみると、16cmほどのアジ!ここからいつもの入れ食いに突入。

f:id:sirogisu:20170315120824j:plain

(30分もしないうちにまずまずのキアジが^^)

型は前回よりはサイズアップ

f:id:sirogisu:20170315121209j:plain

このくらいのサイズが混ざりながら、阿修羅のごとく釣り続け、気が付けばあっという間に夕暮れに、まさに至福のひととき、何釣りでもやっぱり入れ食いは格別だ。

今回、新たな配合餌を試してみたが、明らかに食いが良い、これは使えそうだ。

 

今回も釣果に恵まれ、元気をチャージ出来ました。南房は釣り人も少なめで、のんびりできて良いですね、外房の一部の港では、連日すごい釣果で、正直うらやましいですが、その分釣り人もものすごく、落ち着いてのんびりというわけには。。いったい、一日に何キロのコマセが撒かれるのだろうか?

 

f:id:sirogisu:20170315121846j:plain

12㎝~19㎝×96尾、青アジが15尾、マアジが81尾、15㎝以上と豆アジは半々くらい、途中から青アジは放してやりました。

※水温 15.0℃

 

#7 2017/2/15 南房難釣

前回の楽釣から約1週間、再び同場所へ。11時に釣り場に到着、いつもなら地元の釣り人で賑わっているのだが、釣り日和にもかかわらず、人はまばら。ネットを見るかぎり、水温低下により、活性が低下しいるらしい。とにかく、地元の釣り人が少ないのが気になる。11時半から開始、前回はすぐに反応があったのだが、一向にアタリが来ない、足元は水が澄んでいて、底まで見えている状態、前回よりもひどい、ただ前々回はこれでも食ってきたので、信じて打ち返すのだが・・・カゴサビキにも全く釣れていない、団子釣り師も、何も当たらんとお手上げ状態。

午後2時まで沈黙、このままここで夕マズメに賭けようか迷ったが、この場に見切りをつけて、移動を決断、内湾の水深のある場所へ。

ここは反対にかなりの濁り、のべ師がポツリポツリと豆アジを上げている、期待できそう。中層に下ろすと、ヒイラギ混じりで豆アジが食ってきた、時刻はすでに2時半を回っていた。前回よりもサイズダウンしてるし、ヒイラギもうるさいが、ようやく入れ食いになり一安心、夕方には良型も混ざりだし、日暮れまで小気味良い引きを楽しむことができた。

※水温14.7℃

f:id:sirogisu:20170217105752j:plain

マアジ11㎝~19㎝、豆アジメインで96尾、コハダ×1尾、群れが違うのか、サイズダウン、難釣だったけど、引き出しが増えて面白かったですよ。

#6  2017/2/8 南房

シロギスはオンシーズンまではお休みに、館山方面で好調が続いているアジ狙いで出撃。夜釣りは嫌いなので、あくまで日中勝負の足元サビキ。釣り場に着いたのが11時45分、ほどほどの混み具合といったところ、カマスやアジがポツポツといったところか。12時過ぎに釣り開始、一投目いきなり根掛かりをやらかし、どうなるかと思ったが、すぐにアジが釣れてきた。北風がやや強く、釣りにくいものの、一投一尾で入れ食い。入門の頃はダイワの「葉隠れ・21尺」を使っていたが、棚が目まぐるしく変わるため、操作が難しい。この日のために用意したのは中古のシマノの20年前のインナーガイド、磯XL T1.2 48-53 、これにレバーブレーキデスピナ2500D。この頃のシマノのインナーは、穂先が非常にしなやかで、竿下サビキには申し分ない、鉛負荷4号までだが、釣趣優先の考えだし、ガイド竿に比べてやや張もあるので、扱いやすかった、180gという軽量もうれしい、糸がらみ0プラス、レバーブレーキの一発フリー機能も有効に使うことで、手返しアップに繋がる。(コマセはアミエビに秘密の配合をプラス)このデジタル釣法が功を奏したのか、入れ食いを満喫した。活性は決して高くなく、棚も底、中層、そして足元、やや沖目とバラバラ、竿受けで置き竿にして、食わせの間を作ってやると「ガギューン!」と持っていくシーンが多かった。15時に風が止むと、食いが一時停止、多少ざわついている方がアジには良いのかも。またすぐに食いは復活し、16時半に打ち止めに。

f:id:sirogisu:20170211115057j:plain

14㎝~20㎝が99尾、内訳はマアジが94、青アジが5(ザルの中)、全体に良型揃い

 

日中でも、工夫次第では勝負になる、あとは釣り場のポテンシャルだろうな。

※水温14.8℃ 

 

f:id:sirogisu:20170211115330j:plain

アジ達は、握り、天婦羅、なめろう、さんが焼き、骨せんべい、南蛮漬けとフルコースで味わいました。青アジも南蛮漬けにすると美味しく頂けます。

#5  2017/1/26 南房

前回立ち寄った堤防でアジが入れ食いだったので、お土産確保の久しぶりの足元サビキのアジからスタート。10時~しかし、コマセを撒いても海タナゴが反応するだけで、アジの姿が見えない…11時ころ、ようやくお隣さんに小さめのアジが来たので、ここから本気モードでがんばる、が、今日は潮が澄みすぎており、どうにも活性が悪い。トリックに変えて、ポツポツ。12時くらいからようやく入れ食いになったものの、13時には食いが止まってしまった。

休憩を挟み、前回と同じ場所で15時からシロギスを狙ってみるが、小メゴチが2尾釣れたのみで、鱚からのシグナルはなし。

f:id:sirogisu:20170130155308j:plain

マアジ 13cm~18cm×36尾

珍しく青アジが混ざらなかったです

※水温16.4

#4  2017/1/18 初釣り・南房

2017年の初釣りです。ボウズ覚悟のシロギス狙い。11時から昼休憩を挟んで投げますが、いくら探っても生命反応なし。凸を覚悟した納竿間際の16時半にようやく来ました、

f:id:sirogisu:20170121102447j:plain

 

待望の今年の初キス、14㎝。ここから、納竿まで、投げるたびに、小型ですがアタリが入り、17時15分までに合計7尾get!根係り仕掛け全ロスがなければ、ツ抜けくらいはいったかもしれない

 

f:id:sirogisu:20170121102626j:plain

f:id:sirogisu:20170121102705j:plain

 

スポットを探すまでにえらく時間がかかってしまいましたが、まぁ釣れたので良しとします。

※水温 16度 この日は16度まで回復していましたが、渋かったです

 

f:id:sirogisu:20170121103304j:plain

 

やっぱりキスのアタリは良いですね、釣れた鱚は天麩羅で美味しくいただきました。難しい釣りですが、出会えた時の感動の大きさがこの時期の鱚釣りの醍醐味かもしれませんね。

#3  2016/12/26 南房・越冬ギス

 

 

f:id:sirogisu:20161227112711j:plain

f:id:sirogisu:20161227112748j:plain

5年前によく通った場所へ、久しぶりに行ってみましたが、3投目に、ピンが連で来たのみ。深場ねらいに切り替えて移動。14~16:30 小1時間は反応ありませんでしたが、単発で16cmが釣れて、その後待望の20cmオーバー、「ドドドド!」あの引き込みは堪りません。日没間際までアタリがあって、最後に18㎝を上げて終了しました。年越しの良い天種になりそうです。

餌:ジャリメ 先針にはキスℛ8号、金ビースにイエローのジェットパイプを使い、一匹掛けに。よく喰ってきました。

 ※水温:16.4℃

#2  2016/12/19 外房・某漁港

 

f:id:sirogisu:20161224142648j:plain

 12~16:30 前回と同じ場所でウキフカセ。一投目から、28cmが出ましたが、その後は、木っ端とキタマクラ、サンバソウの猛攻で、良型には出会えませんでした。久しぶりに50㎝オーバーのボラを釣りました、よく引きます。

この時期は、木っ端サイズでも脂がのっていて、美味ですね。

コマセ:オキアミスライス2㌔、アミエビ1㌔、イワシパワー1/3、グレベスト1/2