読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

房総🌠磯投げ🌠夢釣行(仮)

シロギス開幕まではアジですね

<span itemprop="headline">2011.9.7内房(南房総市)</span>

約一カ月ぶりのダンゴ釣り、前回と同じポイントへ、南房総市・内房の某漁港にやって来ました。今日はダンゴの配合を少し変えました。糠と海砂の割合は3:1に戻しました、さなぎ細引きは8時間で約1㌔、チヌパワー300gくらい、押し麦少々、海水を適量加えてまずは完成させます、最後にマルキューの「波止ダンゴチヌ」を一袋加えてみました、これを前後半で半分半分で使用しました。今回は成功じゃ!格段に握りやすく、割れ具合も握りの強さで調節ができました。※タックル ドライマックス1-53 デスピナ2500D TD-45小 ハリス1.2号 針:カットチヌ2号 干潮7:00満潮15:00(若潮) 刺し餌:ハードオキアミ、小ボケ
前回、すっぽ抜けが多かったので針、2号に変更です。
2時間打ち込むと、手のひらサイズのチンタが来ました。

エサ取りはそこそこ激しいといったところ、今日のエサ取りはこのチンタとサンバソウがメインらしい。

表層にはボラが。チンタサイズが連発して、この27㎝、

カイズ級が混ざりだし、楽しいカイズ祭りに♫11時に33㎝が。

 
12時に32㎝が釣れました。

ただ大きいのが中々来ない、雰囲気はあるんだけも、カイズが先に食いついてるっぽい。10枚以上釣れていったん車で休憩、その後戻ってきてからすぐ、30㎝くらいの引きで針外れ、その後食いが止まり、カイズ3枚追加で納竿。今回も特別大きいのは釣れなかったんですけど、中小型主体に、数釣りを満喫できました、チヌの首振りはいいね~海も凪で立ちウキの変化がとてもよくわかり面白い釣りになりました。ダンゴが上手くいったのが大きかった、ストレスなく釣りできたしね。

後半は逆光で目が疲れた~でも立ちウキアタリって独特で面白い
一番下のは逃がしたよ