房総🌠磯投げ🌠夢釣行(仮)

鯵や鱚を主に狙ってます

<span itemprop="headline">2013.8.28.#10.館山☆</span>

館山の落ちの話、以下、文献の抜粋です「9月中旬に大賀で落ちの走りは、西へ海岸を沿い塩見、浜田、見物とエサをあさり進む、その速さは時速50mとか。」
昨日は館山にてその落ちギス釣りを堪能してきました。
 
まだ決まってないんですが、来年、仕事の関係で、地元の千葉を離れる可能性が出てきました、房総のキス探訪も今季がラストになるかも。実家に帰った際には1回くらいは行きたいですね。
 
夜勤明けて、3時間程寝たところで深夜2時半、市原Fで青イソメの中サイズを半パック、珍しくジャリメも入荷中でこいつも購入して、館山へ。
大洋でチロリも仕入れ、平砂浦の行きつけの場所へ。予報ではうねりなし、波も1.5m、遠目から見てもいつも通りの海況に見えます 今日も釣れそうです。
しかし釣り場へ着くと、大量の海藻があたり一面びっしり…
ダメだ… 投げれないほど積もってます…
 
根際へ4色から探りますが、素針。投げ分けますが、いくら投げてもキスからの反応がないのです。
海藻も絡んできて、釣りにくいです。
6投くらいして、ようやくキスのアタリで18㎝。
ここのところのうねりが影響したのか全く精彩がないので、後ろ髪引かれる思いで移動決断。
今日は午前、ここで竿出したら、鏡ヶ浦へ行こうと決めてました。
某所で、距離は2色で喰ってるらしいく、鏡ヶ浦、落ちの荒食いが始まりそうなんです。
 
結局、5時半~1時間も費やしてしまいました。まぁ今日は満潮が9時半なので焦らず行きます。
某砂浜へ到着、7時を少し回ったところ。
誰も居ません。釣れてないのかな?(釣り場は写真で想像してくださいね)
 
 

 
 
知らんとこだし、とりあえず、根際へ陣取り、5色から探りますが、空。
さらに根の際へ、2色目までサビクとすごいアタリ!
相当浅く、近場で当たるので、アタリは強烈です。
ただし、ピンスポット、少しでも外すと素針。
 

 
 
一気に体温上昇!アドレナリン全開(笑)
今日もキスが乱れ飛びます。
型は平均すると16㎝くらい。18㎝を超えるサイズもかなり混ざります。
 

 
 
これが今日一番の型。
 
入れ食いを楽しんでると、一人、また一人とキャスターさんが入ってきました。
狭い砂浜で、自分含めて5人、横移動もちょこっとしかできません。
3時間もすると、アタリも遠のいたので、根から離れたところに横移動。
ここも最初のうち入れ食いでした。
 
しかし、下手くそです、餌全て喰われてるのに、6本針に3連、4連止まりばかり。
アタリが弾かれてる?今日はこんなごついタックルは不要。
チョイ投げロッドか磯竿の方が楽しめますよね。
今日はキャスティズムを持ってきてないため、CXで押し通しました。
12時、まだ釣れてましたが、暑さでへばりそうなので、昼休憩に。
50くらい釣りました。
 

 
暑いですけど、風は爽やかでした。
明日は休みなので、延長戦もちろんやります。
2時まで休みましたが、外は炎天下、昨年よく釣れた護岸へ。
日陰でのんびりします。
 

 
ポツポツツ釣れますが、すぐに釣れなくなってしまいました。かろうじてツ抜け。
 
暑さが最高潮の3時、残された青イソメを持って、さっきのポイントへ再び参戦。
 
すると、キャスターは全て居なくなっていました、代わりに海水浴客がばしゃばしゃやってます。
幸い、浜の中央で遊ばれてるので、先ほど入釣者がいて入れなかった逆側の根際へ。
 
まだ残ってるか?
 
2色を切って諦めかけたその時、強烈な引き込み!
1色でまたしても入れ食い!
 

 
ガンガンというより、ブブブンとキスと引っ張りっこしてる感覚、もう堪まらんです(笑)
結局、3時から時合は2時間くらいで去り、5時に納竿しました。
 

 
13Lのスペーザがキスでギッシリです、今季2度目の束釣りになりました。
ただ、ややカルっぽいキスが少し混ざってました。
神経質な方はチェックしながら釣った方がよさそうです。
 
今回、1色での釣り、初めてでしたが、大興奮、物凄い面白い…
7本まで増やして、最高で6連止まり、エサは2個食いしてることも多かったし、仕掛けは何度もぐちゃぐちゃ。
また一つ勉強になりました。
 

 
今回の釣果 シロギス13㎝~21㎝×104尾(3383g) 重量では今季最高
 
※小潮 9時半満潮 干潮14時 餌:チロリ、ジャリメ、青イソメの順 喰い渋りの時はチロリ
タックル スピンパワー385cx newフリーゲン ラインPE0.8号 針5本~7本 真打赤+拙者超発砲シンカー23号、鱚介ワイヤーブラ天25号
 

 
車屋で、みそチャーシュー食べ終えた後の北条海岸(笑)
館山でのキス遊び、満喫しました。豊かな海に感謝!最重量で納得の☆